新型コロナウイルス感染症等の影響に対応するために国有財産の貸付料等に係る債権の履行期限を延長する場合の申請等について

新型コロナウイルス感染症等の影響に対応するために国有財産の貸付料等に係る債権の履行期限を延長する場合の申請について

 国有財産を借り受けている方等のうち、新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少し、貸付料等の支払いが困難な事情のある方で、支払いの履行期限の延長を希望される場合は、当該国有財産の貸付け又は使用許可を行った各部署(貸付契約書又は国有財産使用許可書に記載の地方防衛局等)の担当者まで御相談ください。

 ※延長の対象となる債権は,令和2年2月1日から令和3年1月31日までに履行期限が到来するものに限ります。

 ※延長に当たっては,必要書類を添えて申請書を提出する必要があります。必要書類の詳細については各担当者に確認願います。

  1. 履行延期申請書 [Word形式][PDF形式]
  2. 収入の減少状況等に関する申請書 [Excel形式][PDF形式]
  3. 収入の減少状況に関する申立書 [Word形式][PDF形式]
  4. 履行期限の延長に係る申請時における債権の滞納について [Word形式][PDF形式]

地方防衛局

家賃支援給付金について

 経済産業省及び中小企業庁は、新型コロナウイルス感染症を契機とした5月の緊急事態宣言の延長等により、売上の急減に直面する事業者の事業継続を下支えするため、地代?家賃(賃料)の負担を軽減することを目的とした「家賃支援給付金」の申請受付を7月14日にホームページにて公表しました。

家賃支援給付金に関するお知らせ(経済産業省ホームページ)
家賃支援給付金申請ページ(家賃支援給付金ポータルサイト)

 なお、国有財産法第18条第6項に基づく国有財産の使用許可については、財務省が作成したガイドラインに基づく宣誓書を提出する必要があります。

看片的网站-天天看片免费高清观看