防衛大臣記者会見

日時
令和2年7月14日(火) 19:26~19:35
場所
防衛省A棟1階エントランス
備考
防衛大臣訓示後の河野防衛大臣臨時会見

1 発表事項

 今朝、9時から10時45分頃にかけまして、沖縄の米海軍が海外から着任した者の移動制限措置を行っている民間宿泊施設に、沖縄防衛局、外務省沖縄事務所、沖縄県、北谷町及び米側による視察を実施をいたしました。この宿泊施設は濃厚接触、陽性の者と濃厚接触した者は利用しないという説明がございました。また、仮に症状が出た場合は、速やかに施設区域内に隔離するということになっておりますが、これまでにそのような事例はないということでした。この宿泊施設において、国外からの移動者を対象とするのは今週までとし、今後、沖縄に新たに着任する人員の移動制限措置は米軍の施設区域内、嘉手納飛行場で行うという説明がありました。この宿泊施設においては、恒常的な除菌、人の出入りが多いロビーについては、チェックインの度に消毒、同じ航空便で到着した家族を同じグループとし、他のグループと接触が生じないように管理している、宿泊者とホテル従業員の安全確保のため、両者の接触機会が生じないよう、食事?清掃?ゴミ処置などについて、感染防止対策が徹底され、海兵隊による敷地外へ通じる出入り口の監視などの措置がとられているという説明がありました。しっかりと感染症防止の措置がとられていると認識をしております。もう一つ、記者会見でも申し上げましたけれども、アメリカ側から感染者3名、岩国で判明をした感染者3名については、羽田空港に入国をし、虚偽申告をして、公共交通機関を使わないという申告をしたにもかかわらず、レンタカーで移動するという申告をしていたにもかかわらず、民間の航空機で岩国錦帯橋空港へ移動しているということが判明をいたしました。米側とも話をし、米側が厳格な処分をするということであります。当該の航空機の同じ便に乗られた乗客に今、連絡を取っているところで、これは保健所等から濃厚接触が疑われる方々にはPCR検査をお願いするということになると思います。極めて由々しき事態でございますので、米側に厳格に処分をすること、こうしたことが今後起こらないような再発防止徹底をしていただくよう申し入れをしているところでございます。

2 質疑応答


Q:今おっしゃった米側への申し入れというのは誰から誰に対して行ったのでしょうか。

A:必要なら後で事務方から詳細はお伝えします。

Q:大臣から直接ではない。

A:ありません。

Q:大臣、会見で米側の不適切な事案があったとおっしゃったと思うのですが、具体例が今の岩国の。

A:はい。そういうことです。

Q:3人の具体的な所属等については。

A:必要なら事務方から答えさせます。

Q:今回なぜこのような申告をして、虚偽をしたかという説明は米側からあったのでしょうか。

A:ありません。レンタカーで移動するという申告をした後に、民間の宿泊施設に宿泊をし、翌日、民間の航空機で移動したということです。

Q:更に説明を求めるのでしょうか。

A:今、米側で色々と調査をし、処分をすることになると思います。

Q:調査結果に対しては当然、結果は防衛省にもらうのでしょうか。

A:連絡はもらうことにしております。

Q:発生日時はいつになるのでしょうか。

A:12日に羽田空港に入国をした。そこでPCR検査を受け、陽性が判明する前に移動していたということです。

Q:どういう経緯で発覚したのでしょうか。

A:陽性が分かったわけですから、その後トレースしたらそういうことであったと。入国の時の申告した連絡先で連絡がつかなかったということであります。

Q:民間の宿泊施設とは都内の宿泊施設ということですか。

A:そこについては、これ以上申し上げるのは差し控えたいと思います。

Q:大臣、これ米軍人ですか、米軍属ですか。

A:米軍人と家族と聞いております。在日米軍関係者及び家族ですね。

Q:他に同様のケースはあるかどうかについて、状況把握はできているのでしょうか。

A:そこも当然調べることになると思います。

Q:沖縄で感染が増えていることに加えて、こうした岩国の不適切な事案があるのですが、全国に米軍基地あるわけで、大臣としてはこういうことが相次いでいることについて、改めて、どのようにお考えでしょうか。

A:米軍にとっても即応性にかかわってくる問題ですし、日本にとっても在日米軍の中でこうした感染症が拡大するというのは極めて由々しき事態だと思いますので、米軍には感染症防止対策をしっかりとってもらうということをやってもらわなければなりませんし、我々としてもこうしたできることはきちんとやっていきたいと思います。そういった一環で、今朝、民間の宿泊施設を見せていただきましたけれども、しっかりそこはできているということでございます。

Q:日本でも感染者が増えている中で、こういった米軍の対応があると思うのですが、そういった不安も住民の方にあると思いますが、どのように思われますか。

A:沖縄では、非常に大きな数になっておりますので、沖縄県がそうした数字を公表する、そういうことに今なっております。他の地域もそうしたことにならないようにしっかり対応していきたいと思います。

Q:大臣、午前の会見の段階で発表されずに今の発表となった理由はどういったところなんですか。

A:様々な対応をする必要があるということです。

Q:それは申し入れ等も含めてということですか。

A:様々です。

Q:いくつかの問題点と会見でおっしゃられたんですけれども、これ以外もあるということですか。

A:もう一つは民間の宿泊施設の確認で、これはしっかりできているということが確認できました。

Q:では、問題点については、今はもうすべてを解決されていると。

A:今のところ、しっかりクリアできていると考えております。

Q:関係者、そのPCR受けなければいけないかもしれない方々、その関係する濃厚接触者なのか、接触者の人数のことなのか分かりますでしょうか。

A:それはもう保健所が対応することですので、保健所に聞いてください。

Q:大臣、いくつかの問題点というのは、この岩国の件と今日入られ、立ち入りされた、隔離されたホテルの件、この2件だけということでよろしいですか。

A:はい。

Q:岩国ということは海兵隊関係の米軍人ということですか。海兵隊員ですか。

A:米軍関係者とその家族です。

Q:米軍関係者は一人で、その残り二人がその家族ですか。

A:という理解を私はしております。

以上

看片的网站-天天看片免费高清观看