防衛大臣臨時記者会見(抜粋)

日時
令和元年10月3日(木)22:35~22:40
場所
防衛省A棟1階エントランス
備考
日米防衛相の電話会談及び日サウジアラビア防衛相の電話会談に係る河野防衛大臣臨時会見

質疑応答(抜粋)

Q:エスパー国防長官とは、北朝鮮のSLBMとみられる、ということについて意見交換して、それで一致しているということでしょうか。

A:今回の北朝鮮の弾道ミサイルについて、それぞれ情報交換、意見交換をしたところです。

Q:日米韓というのは、3カ国での連携を強化していこう、ということで一致したということでしょうか。

A:こうした北朝鮮の事態がありますので、日米韓の協力をしっかりと維持していくこと、これが重要だということで一致しました。

Q:大臣は、日米の情報共有とおっしゃいましたが、日米韓の情報共有という言い方をされなかったのは何か意味があるのでしょうか。

A:アメリカの国防長官との電話会談で、別に三者の電話会談ではありません。

Q:今回のミサイル発射が容認できないということで一致したということですが、これまで、トランプ大統領が短距離は認めてきたけれども、今回は準中距離と認定されていますが、これの認識は日米ですり合わせはされたのでしょうか。

A:これまでも北朝鮮があらゆるミサイルの発射をするということが、安保理決議に違反して、容認することができない、というのが日米両国の共通の理解です。トランプ大統領が米朝プロセスを後押しするために、様々なご発言、ツイッターをされていることは理解しておりますが、それは米朝プロセスを進めるという意味において発言をされている、というのが共通理解です。

Q:エスパー氏からは、GSOMIAの更新について、改めて、韓国に働きかける、そういった話はあったのでしょうか。

A:GSOMIAについては、特にはありませんでした。

Q:GSOMIAというワード自体も出てこなかったということでしょうか。

A:ありません。

(略)

以上

看片的网站-天天看片免费高清观看